交通事故の問題解決~一人で悩まずプロの弁護士に相談~

男女

法律関係の事は司法書士へ

司法書士と弁護士は同じ仕事と思われている事が多いです。そもそも弁護士は法律のオールラウンダー的な存在で、法律で行なうすべての業務を扱うことができます。一方で、法律で定められた分野や範囲内の行を行なうのが司法書士です。司法書士は弁護士一人では行き届かない様な仕事をサポートするような意味合いを持っています。司法書士の主な仕事は登記や供託といったものを扱う資格を持っています。弁護士や司法書士の他にも、行政書士や税理士、弁理士など法律を取り扱う資格を持っていても、そのジャンルによって取り扱うことのできる案件の内容は異なります。自分の案件や条件に見合った東京の司法書士に相談をすることが大切です。

司法書士は弁護士とは違い、法律で取り扱うことの出来る範囲が定められてはいますが、司法書士に依頼できる仕事の内容は、個人で依頼する案件のレベルの範囲内であれば十分にまかなえるものが多いです。東京の司法書士に依頼できる案件としては、土地の売買や、住宅ローンの融資、マイホーム建築、所得税や相続税などの税金相談があります。また会社を起業する際の許認可、税務などに関しては行政書士や、税理士、会計士への仲介業務を行なうこともあります。こういった案件は個人で処理しょうとしても専門知識や専門の資格を持っていないとできません。人が多く集まる東京や大阪などの大型都市では司法書士に頼むべき案件は多いです。国内のビジネスの中心である東京には多くの司法書士事務所があります。司法書士事務所によっては自社のホームページで依頼を募集していることもあります。見積もりや相談も、無料で請け負ってくれるので、法関係で困った時は司法書士事務所に相談してみるといいでしょう。